人気ブログランキング |
カテゴリ:FINE CREEK LEATHERS( 1 )


Swan Dive|スワンダイブ http://swan-dive.net
〒939-1375富山県砺波市中央町6-1
Tel/Fax:0763-33-0456
OPEN:AM12:00 CLOSE PM21:00
火曜定休
info@swan-dive.jp


馬の艶


   ファインクリークレザーズより、高い技術を詰め込んだ一枚が入荷しました。




   
d0100143_21061216.jpg

  馬革を、ステアハイド並みにシュリンクさせたのち、軽さを出すために あえて削いだホースハイドです。


 艶 コシ ハリ を残しながら、軽くしなやかな質感に仕上がっています。



  
d0100143_21065167.jpg
d0100143_21063236.jpg

  刺繍やロープステッチもお見事です。


  今この形状でやってるところ 殆ど見ないです。 それに加えて 革です。 ほぼ縫い直しの出来ないアイテムでコレです。

60年代前半に日本に輸入された特殊なミシンでしか作れないアイテムです。

今 動いているのは一台二台のレベルらしいです。 世界で見てもかなりの希少性の高い一枚になります。



d0100143_21064136.jpg
d0100143_21070275.jpg
d0100143_21070944.jpg
裏地はキュプラ。


 通年着用可能です。  


  冬はこの上に何かを重ねましょう。




 アメリカ西部で始まったcountry&western Styleは、30年代~50年代に全盛期を迎えます。

 映画が最大の娯楽の時代にムービースターやバンドマンがウエスタンSTYLEに身を包んでいく訳です。

 自由の国 アメリカである意味最初の 独自の個性を生みだした文化かもです。

 このアイテムは デニムでもなくギャバジンでも無くサテンでもシルクでもなく、ホースハイドってところが痺れます。



  使い込む事で増して行く更なる艶。 楽しみです。 興奮します。



  スラックスにベストでも。 ワークパンツにハワイアンでも。 穿き古したINDIGOでも。


  あらゆるスタイルで試してほしいです。 もう今月で平成も終わります。 いろいろ取り入れていきましょう。

 

by isseioota | 2019-04-10 21:27 | FINE CREEK LEATHERS


Swan Dive|スワンダイブ http://swan-dive.net
〒939-1375富山県砺波市中央町6-1
Tel/Fax:0763-33-0456
OPEN:AM12:00 CLOSE PM21:00
火曜定休
info@swan-dive.jp