人気ブログランキング |
カテゴリ:FINE CREEK LEATHERS( 4 )


Swan Dive|スワンダイブ http://swan-dive.net
〒939-1375富山県砺波市中央町6-1
Tel/Fax:0763-33-0456
OPEN:AM12:00 CLOSE PM21:00
火曜定休
info@swan-dive.jp


FINE CREECK&CO.
FINE CREECK&CO._d0100143_13280782.jpg
FINE CREECK&CO._d0100143_13281528.jpg
  ファインクリークより、素上げのシープスキンのシャツが入荷しました。


 芯まで黒に染め上げています。


 着用を重ねますと、艶が増してくるタイプです。

 
  何年もサラッと使える一枚です。

 
  
FINE CREECK&CO._d0100143_13281528.jpg

 襟も小振りで良いと思います。 裏地はキュプラ100です。


一年通じて使用できますね。




  
FINE CREECK&CO._d0100143_13275983.jpg


  僕はこんな感じで着用です。




by isseioota | 2020-03-18 13:34 | FINE CREEK LEATHERS


Swan Dive|スワンダイブ http://swan-dive.net
〒939-1375富山県砺波市中央町6-1
Tel/Fax:0763-33-0456
OPEN:AM12:00 CLOSE PM21:00
火曜定休
info@swan-dive.jp


30's Leather Car Coat Gilmour
30\'s Leather Car Coat Gilmour_d0100143_12192104.jpg
1930年代のカーコートをデザインベース試行に作製。

錯誤を繰り返したオリジナルレシピのホースハイドを使用。左身頃右身頃であえてシボの表情を変えてます。

厳選した3mm厚以上のホースハイドを2mm厚に1試行錯誤を繰り返したオリジナルレシピの
プレミアムホースハイドを使用。

革の仕上げはフルベジタブルタンニン渋鞣し、アニリンフィニッシュ。仕上げたこのカーコート用にスペシャルメイクしたプレミアムレザーで、仕上げはフルベジタブルタンニン渋鞣し、アニリンフィニッシュ。

 詰まったホースを漉ぐ事で高密度で丈夫でありながらも軽量化と着用のしやすさも表現。

馬独自の艶も体験しながら同時に表情の深みも体験できます。



  

30\'s Leather Car Coat Gilmour_d0100143_14335589.jpg
30\'s Leather Car Coat Gilmour_d0100143_14341330.jpg
30\'s Leather Car Coat Gilmour_d0100143_14340449.jpg
30\'s Leather Car Coat Gilmour_d0100143_14342197.jpg
30\'s Leather Car Coat Gilmour_d0100143_14323875.jpg
30\'s Leather Car Coat Gilmour_d0100143_14342974.jpg
30\'s Leather Car Coat Gilmour_d0100143_14322574.jpg
30\'s Leather Car Coat Gilmour_d0100143_14321265.jpg

by isseioota | 2020-03-05 12:29 | FINE CREEK LEATHERS


Swan Dive|スワンダイブ http://swan-dive.net
〒939-1375富山県砺波市中央町6-1
Tel/Fax:0763-33-0456
OPEN:AM12:00 CLOSE PM21:00
火曜定休
info@swan-dive.jp


fine creek leatheres
fine creek leatheres_d0100143_15464759.jpg
fine creek leatheres_d0100143_15451619.jpg

他であまり見かけない、ホースヌバックのパシフィックCOATです。


 バフ磨きを施し、滑らかでいながらホース特有のハリ、コシも感じ取れる仕上がりです。


 素材にパラフィン加工もしています。



  つまり、水に強いのです。 これからの冷たい雨、みぞれ、雪の時にも活躍します。



 
fine creek leatheres_d0100143_15501066.jpg

裏地はウールライナー。腕内貼りは高機能綿。


fine creek leatheres_d0100143_15453980.jpg
fine creek leatheres_d0100143_15455112.jpg
fine creek leatheres_d0100143_15460273.jpg

  40年代STYLEです。 釦大きいですが開閉しやすいです。


 
fine creek leatheres_d0100143_15470526.jpg
着用を重ねると、深みの増したNAVYに よりなっていきます。


ホース特有の艶感も増します。

土っぽいアイテムに艶っぽいも同居する訳ですよ。

男に必要なモノが全て揃う訳です。


 これだけ仕事してあるのに、僕はこれは安いなと思うんです。


  今後10年着倒す勢いの方は、是非どうぞ。


  その感覚なら、年間で考えるとお洒落なコーチジャケット位の金額です。




by isseioota | 2019-12-30 15:56 | FINE CREEK LEATHERS


Swan Dive|スワンダイブ http://swan-dive.net
〒939-1375富山県砺波市中央町6-1
Tel/Fax:0763-33-0456
OPEN:AM12:00 CLOSE PM21:00
火曜定休
info@swan-dive.jp


馬の艶


   ファインクリークレザーズより、高い技術を詰め込んだ一枚が入荷しました。




   
馬の艶_d0100143_21061216.jpg

  馬革を、ステアハイド並みにシュリンクさせたのち、軽さを出すために あえて削いだホースハイドです。


 艶 コシ ハリ を残しながら、軽くしなやかな質感に仕上がっています。



  
馬の艶_d0100143_21065167.jpg
馬の艶_d0100143_21063236.jpg

  刺繍やロープステッチもお見事です。


  今この形状でやってるところ 殆ど見ないです。 それに加えて 革です。 ほぼ縫い直しの出来ないアイテムでコレです。

60年代前半に日本に輸入された特殊なミシンでしか作れないアイテムです。

今 動いているのは一台二台のレベルらしいです。 世界で見てもかなりの希少性の高い一枚になります。



馬の艶_d0100143_21064136.jpg
馬の艶_d0100143_21070275.jpg
馬の艶_d0100143_21070944.jpg
裏地はキュプラ。


 通年着用可能です。  


  冬はこの上に何かを重ねましょう。




 アメリカ西部で始まったcountry&western Styleは、30年代~50年代に全盛期を迎えます。

 映画が最大の娯楽の時代にムービースターやバンドマンがウエスタンSTYLEに身を包んでいく訳です。

 自由の国 アメリカである意味最初の 独自の個性を生みだした文化かもです。

 このアイテムは デニムでもなくギャバジンでも無くサテンでもシルクでもなく、ホースハイドってところが痺れます。



  使い込む事で増して行く更なる艶。 楽しみです。 興奮します。



  スラックスにベストでも。 ワークパンツにハワイアンでも。 穿き古したINDIGOでも。


  あらゆるスタイルで試してほしいです。 もう今月で平成も終わります。 いろいろ取り入れていきましょう。

 

by isseioota | 2019-04-10 21:27 | FINE CREEK LEATHERS


Swan Dive|スワンダイブ http://swan-dive.net
〒939-1375富山県砺波市中央町6-1
Tel/Fax:0763-33-0456
OPEN:AM12:00 CLOSE PM21:00
火曜定休
info@swan-dive.jp