人気ブログランキング |
年齢を重ねると、涙腺が弱い。


   
 フライデー の川村ゆきえ の 袋とじ が 気になって しゃあないお年頃の、




 スワンダイブ店主です。 皆様 いかが お過ごしですか?




  とりあえず、隙間を 作って、下から 見上げていました。




  ゆっきー の腰から下のライン にも 小宇宙 を 感じます・・・・・・・。










  話は 変わって、 先ほど見た Yahooニュースで 涙が出そうになりました。








豊見城市立長嶺中学校卒業の新成人が9日、拘束型心筋症を患う要美優さんの手術費用に役立ててほしいと、「美優ちゃんを救う会」事務所(浦添市)を訪ね、成人式祝賀会の余剰金10万円を寄付した。新成人は当初、5年前に病に倒れた同期生・金城昇悟さん(20)=豊見城市=の療養費に充てる予定だったが、



「僕よりは美優ちゃんへ渡してほしい」


という金城さんの気持ちを受けて、救う会への寄付を決めた。


 金城さんは中学時代、ハンドボール部のキャプテンを務めたスポーツ少年。同級生や教師の信頼の厚いリーダー的な存在だった。高校受験を控えた2006年1月、脳動静脈奇形による脳幹出血で倒れ、数回の手術を受けたが全身まひが残り車いすを使っている。



 成人式の実行委員を務めた大城寛也さん(20)、座安友香さん(20)、大濱師彰さん(20)=いずれも豊見城市=は、学年主任だった上原博美さん(51)=糸満市=を通じて、療養費を贈る考えを金城さんに伝えた。


 しかし、金城さんから「気持ちはとてもうれしいけど、僕は急にお金が必要ではない。今、必要な人がいる。例えば美優さんとか。必要としている人に寄付してほしい」



という返事が返ってきた。気管切開をし、言葉を発することが難しい金城さんの思いを、父親の克己さん(45)が口の動きで読み取り、上原さんへ伝えた。



 昇悟さんとよく登下校していた大濱さんは「昇悟らしいといえば昇悟らしい。思いやりがあって」と涙を浮かべた。



大城さんは美優さんへ「これからつらいこともあると思うが、元気になって楽しく生きてほしい」とエールを送った。



 寄付を受け取った救う会の新里みどりさんは「美優ちゃんもわたしたちも温かい気持ちになるし、励みになる。同級生の思いが詰まった貴重な贈り物」と感謝の気持ちを語った。




 ・・・・・・・・・・・・・・。






 僅かな金が欲しくて、 強盗殺人する 65歳のクソジジイイ もいれば、



 自分も 絶対に 凄く 大変な状態なのに、相手の事を思いやってあげられる、



この金城さん という 若者に またひとつ 教えて戴いた気がします。




 

  とかく 自分の事や 保身ばかり 考えている、



 どこかの国の どこかの政党の、 



 どこかの 大馬鹿な 国の代表にも 是非 見習って頂きたいな、と思いました。







  ねえ、 かんちゃん  
by isseioota | 2011-02-11 21:02 | ISSEI's プライベート


Swan Dive|スワンダイブ http://swan-dive.net
〒939-1375富山県砺波市中央町6-1
Tel/Fax:0763-33-0456
OPEN:AM12:00 CLOSE PM21:00
火曜定休
info@swan-dive.jp


<< GLAD HAND 新作 DIET BUTCHER SL... >>